インタビュー:「どうしたらお客様のお役に立てるか」を追及し続ける

経営支援事業部 HR営業 HRコンサルタント 野地圭太
(2019年 入社)

自分自身の成長が事業の成長につながる環境がここにはある

大学時代に学生団体の運営に携わるなかで、「マネジメント」の難しさを痛感していました。「どうすればよりよい組織を作ることができるのか?」「どうやって信頼関係を築き、人をやる気にさせることができるのか?」これらを改めて学びたいと思うと同時に、20代早期から実力をつけられる環境に身を置きたいと思い、経営や事業成長に携わることができる企業を探していました。そんななか、接した社員が温かく、まだ何のビジネススキルもない私に期待をかけてくれるACCSと出会い、ここでなら若いうちからチャレンジする機会があると思い入社を決めました。

現在は、一般企業向けにHRソリューションの販売・提供を行っています。昨今の人材難によって、離職や人材育成に悩む企業は非常に増えています。よりよい組織づくりにつながるよう、しっかりとお客様の課題をヒアリングし、適切な提案をするだけでなく、その後の本質的な課題解決のために、コンサルティングを通じた伴走支援をするのが私の仕事です。また、ACCSのなかでは新規事業ということもあり、新サービスの立案やプロモーション企画など、事業成長に関わる多くの業務を任せていただいており、自分自身の成長が事業の成長につながる環境で多くのやりがいを感じています。

チーム全体を引っ張っていける存在になりたい

入社から約半年後、士業営業チームから新規事業であるHR営業チームへ異動をしました。税理士の先生をはじめとした士業業界とは別のフィールドである一般企業向けのサービス提供は、会社としてもほとんど初めての挑戦で、全てが0からのスタートでした。不安も大きかったですが、トライ&エラーを繰り返し、事業部としても軌道に乗りつつあるので、今後はさらなる事業拡大を目指して、チーム全体を引っ張っていける存在になりたいと考えています。

私が仕事をするうえで常に心掛けているのは、「どうしたらお客様のお役に立てるか」を追及し続けることです。ありきたりですが、私が携わっている「人の問題の解決」には、答えがありません。とある企業で成功した事例が、たとえ同じ業種の企業であっても、会社文化や風土の違いによって、上手くいかないこともあります。だからこそ、お客様の置かれている状況を正しく把握し、その企業に合ったソリューションを提供することが常に求められます。そのために、市場の変化に敏感になり、専門性を高め続けることが未来を切り拓く一歩になると思い、取り組みを続けています。

会社の花形部署として輝けるように

部下育成と自分の成果を両立させることが、今後1年間の目標です。部署としてさらに成長していくためには、間違いなく今後入ってくる新しい方々を戦力化させることが必要で、なおかつ成長し続けるための利益を出し続けなければなりません。そして3年後には、会社の花形部署として輝けるように、毎日を大切にしていきたいと考えています。

前のページに戻る