インタビュー:環境に感謝しながら最大限の努力で結果につなげる

経営支援事業部 士業コンサルタント 高田陸
(2020年 入社)

未来を論理的に考えつつ、直観的な判断も信じる

私は就活の際、自分の描く将来像や目指すビジョンにとって、どんなスキルや環境が必要かを考え、大事にすべきポイントを絞りました。1つ目は営業力・コンサルとしての能力が身につくかというスキル面、2つ目は経営者との対峙、3つ目はフィーリングです。営業力やコンサルティングの能力が向上する環境であることに加え、外部にも内部にも経営者の視点を身近に感じることができる環境というのはとても大切だと思っています。自分の現在のスキルも、積極的にチャレンジできるACCSの環境があったからこそです。そして、少しお恥ずかしいのですが、これまでもここぞという時は直感を信じて選択してきたので、就活時も最後は「ACCSがベストな選択」という自分の直感を信じました。

2020年に入社して、現在は営業としてすべてのセールスフローをこなしています。私たち営業の仕事は、ただ契約して終わりではなく、ご契約いただいたお客様のビジョン達成を実現させること。お客様によって課題や実現したいビジョンはさまざまなので、それぞれの思いに全力で応え、ご支援するよう心がけています。また社内では、自身の目標はもちろん、部門の目標達成のために提案アポに同席するなどの社内のサポートも行っています。さらに、これまでの経験を活かして現在は新卒採用にも関わっています。意欲の高い学生にACCSの魅力が届いて、一緒に働きたいといってくれる学生が来てくれたらうれしいですね。

1年目で全社年間売上1位、最優秀新人賞の快挙

もうすぐ2期目を終えますが、ターニングポイントと思えることがいくつもありました。役員の西澤さんと面接で出会ったこと。入社してすぐ、歴代売上記録更新を連発していた上司とともに大阪支社へ配属になったこと。入社1年目の社員が対象の表彰で、1番の賞であるボジョレーヌーボー賞(※)を逃し、悔しい思いをしたこと。営業として予算をもたせてもらった初月に1千万超えの売上を達成し、有言実行で売上記録を樹立できたこと。1年目で全社年間売上1位と最優秀新人賞を獲得できたこと。これらは会社から貴重な機会・環境をいただいたからこそ成し得たことで、感謝しかありません。そして、すべてのポイントが今の自分の成長につながっています。
※…その年に入社した社員のうち、現時点で一番がんばっている人に贈られる賞

私が1年目に意識していたことは、自分自身の市場価値向上、会社への利益貢献、お客様への貢献です。そのために、3つのことを大事にしてきました。それは「とにかくやる」、「結果を出してる人を徹底的に真似して、教えを乞う」、「自責思考」です。誰よりも時間を使って量をこなし、誰よりも結果を求め行動し続けました。基本的に「NO」はなく、徹底してやり抜きました。単純に業務をこなす数だけではなく、ロープレの実施回数や、インプットに充てる時間なども社内1番だったと自信を持っています。先輩方のよいところはもちろん、結果を出している同期からも学び吸収し続けました。すべての出来事は結局自分次第。営業マン目線の話で言えば、ご契約についても同様で、契約を見送るという結果になっても原因は自分にあると、徹底的に分析しました。

会社としても個人としても、欠かせない存在を目指していく

今後の目標としては、より確実な実力をつけ、お客様の成果のためにも、会社の利益追及のためにも、そして全従業員が毎日笑顔で過ごせる環境のためにも、自分の存在価値を見出していきたいと思っています。ACCSという会社はもちろん、個人としても士業業界にはなくてはならない存在になっていきたいです。いずれは、チームや部門という枠だけではなく、経営陣として会社方針の決定に関われるような立場を目指していきたいと考えています。

前のページに戻る