インタビュー:自分自身の希少価値を上げることで、付加価値の高い人材になる

ビジネスソリューショングループ シニアコンサルタント 横山祐作
(2014年 入社)

ACCSなら会社員でありながら経営者の素養を身に付けられる

就活中は、コンサルティングやシンクタンクといった業界を中心に探していました。将来的に自分の事業を持ちたいという気持ちがあり、そのためには、経営者としての素養を身につけるべきだと思いコンサル業界を志望しました。

ACCSに入社を決めた理由は、社員やベンチャー気質に惹かれたからです。実は内定をもらった時点で、すでに他に数社のコンサルティング会社から内定をいただいていたのですが、ACCSなら自分が求めているものが身に付けられると思い選びました。

現在は、士業・一般企業向けの人事評価コンサルティングやセミナー講演、組織内研修、人事コンサルティングサービスの設計・販売・支援といった幅広い業務を担当しています。また、外部だけでなく社内向けには、部門内コンサルタントの養成、マネジメント、プロジェクト、商品開発等といった役割も担っています。

自ら考えて行動することで理想のキャリアを実現できる

入社して最初の1〜2年目は営業やマーケティングについての基礎を叩き込まれ、実践の場で修練を繰り返しました。入社3年目の時点で、クライアントのサポートに専念したいと思い、1年間部署移動希望を出し続けました。そして4年目でコンサル専任部署へと異動することができました。

コンサル専任部署では、営業時代の3年間で培ったノウハウや経験を活かして、コンサルチームの最前線で士業事務所の営業やマーケティングの支援を行っています。支援した事務所は、2年間で100件を超えました。その後は、スペシャリストとして、業務改善や人事評価、採用戦略といった社内体制改善の支援に注力しています。

そして現在は、コンサルチームのリーダーをやりつつ、人事評価制度の設計・運用支援を主軸に、士業・一般企業の人事コンサルタントとして奮闘中です。

ACCSで働くうえで大事にしてきたことは、常に社内において自分しかできない仕事やスキルを生み出すことです。自分自身の希少価値を上げることで、付加価値の高い人材になることを目標としてきました。そのために、常に新しいことを学び、習得してきました。とくに士業業界は、知識や知恵の陳腐化が早いため、実績や経験を積み重ねて常に成長し続けることが求められます。

お客様に常に最適解の提案ができるように

当面の目標は、社内のコンサルタント育成による成長支援と戦力化。そして常に取り組み続けていくことは、市場の動向や企業を取り巻く外部環境の変化を常に見ながら、時代に合ったサービスを提供していくことです。経営者が抱える課題やニーズを正確にとらえ、常に最適解を提案できるよう自己研鑽を怠らず、常に成長していきたいと思っています。

前のページに戻る